注目キーワード

住宅ローンについて 素朴な質問をいただきました

お客様からいただく、住宅ローンの疑問について解説します。

■自己資金が少ないのですが、家を購入できますか?

住宅ローンは物件価格の90%程度、つまり10%以上の頭金を入れることが理想ですが、金融機関によっては、100%のローンや諸費用ローン等の利用ができる場合もあります。

しかし最低でも諸費用については自己資金を用意したいですね。

■ローン借入額上限の目安は、年収の何倍?

購入する物件の価格は、返済比率(年収に対して1年間に返済する金額の比率)で決まります。

一般的には年収の25%(年収の約5倍)ぐらいが理想とされていますが、上限は35%(年収の約7倍)くらいまで、年収が700万円以上など、ある一定以上の収入になると上限40%(年収の約8倍)まで融資してくれる金融機関もあります。

借入額が年収の5倍程度以内に収まれば理想とされていますが、昨今の超低金利を利用すれば、自己資金や親からの贈与などで頭金が多くある方は年収の7倍以上の物件でも十分購入可能だといえます。

■勤続1年未満ですが住宅ローンは組めますか?

金融機関より基準は異なりますが、原則1年以上の勤務継続が条件になっているところが多いです。

ただし、見込年収という形で審査する場合もありますので、勤続年数の短い方も諦めずに金融機関に相談してみましょう。

■最近転職をしましたが、住宅ローンの利用はできますか?

金融機関によって審査の基準は異なりますが、勤続1年以上が借りられる目安となります。

それより短い場合でも利用できる金融機関もあります。金融機関に事前相談をしてみましょう。

■車のローンがあるのですが、住宅ローンを借りることはできますか?

車などのローンがある場合、そのローンの毎月の返済額を考慮に入れて、住宅ローンの月々の支払いが可能かどうかの審査が行なわれます。

マイカーローン、その他の借入が多い場合には、住宅ローンの借入可能額もかなり減ることになります。

■購入時の諸費用はどのくらいかかりますか?

売買代金以外にかかる諸費用としては、印紙税、登録免許税、不動産取得税等の税金や、仲介手数料、ローンを利用する場合の事務手数料、保証料、保険料などがあります。
一般的に売買代金の6%~9%ほどかかりますので、頭に入れておきましょう。

マンションや戸建て等の種別、購入する物件の築年数や、借入金額で諸費用は変わってきます。

■金利はやっぱり低いほうが良い?

金利は低い方がよいと、金利だけにしか目が向かない人がいます。

しかし金利が低くても、その他の費用として保証料や手数料が割高な場合もあります。

金利には全期間固定型・固定期間選択型・変動型の3タイプがあります。

どの金利プランが自分の収入や人生設計に合っているのか、総合的なコストを考えた上での借り入れを考えましょう。

■元利均等返済と元金均等返済の違いは?

元利均等返済は毎月のご返済金額(元金+利息)が一定で返済計画が立てやすい返済方法のことです。

一方、元金均等返済は毎月のご返済する元金が一定ですが、元利均等返済よりも当初のご返済額が多く、必要な月収金額の条件が厳しくなります。

■フラット35とは何ですか?

民間金融機関と住宅金融支援機構の提携による、長期固定金利の住宅ローンです。

返済期間が20~35年と長期であること、保証料が不要であること、また繰上げ返済手数料が不要であるなどのメリットがあります。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。

最新情報をチェックしよう!