注目キーワード

購入した建物が地震で壊れた場合はどうなるのでしょうか?

今回は購入した建物が地震で壊れた場合にどうなるかということについてお話します。

次のようなケースを想定してください。

AさんとBさんとの間でAさんの家を3,000万円で売る契約がなされた際、例えば、雷が落ちて、あるいは地震が発生した結果、この家が滅失してしまいました。

いずれもAさんBさん(当事者)双方の責任なく家を引き渡せなくなってしまった、というケースです。

このような場合、買主のBさんは、Aさんに代金3,000万円を支払わなければならないのでしょうか?

これは危険負担の問題です。

つまり、自然災害による滅失のリスクを、AさんとBさんのどちらが負担するのか、という事です。

民法上の規定は?

民法上、この危険は、売主のAさんが負担することになります。

つまり、AさんBさん(当事者)双方の責めに帰すことができない事由によって債務を履行することができなくなったときは、債権者である買主Bさんは、反対給付の履行を拒むことができます。

つまり、Bさんは、代金3,000万円の支払いをしなくてよいということです。

なお、AさんがBさんにこの家を引き渡した後に、雷などによって家が滅失したときは、買主のBさんは、契約を解除できず、また、その危険を負担することになり、代金3,000万円の支払いを拒むことができません。

これは最近の法改正によるものです。

不動産に関わる法改正は売買において重要です。

すべてを把握することは無理ですが、このような点についてもしっかり勉強している不動産会社の営業マンを選ぶようにしてください。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。

最新情報をチェックしよう!