注目キーワード

「木造瓦葺」と「木造かわらぶき」の違い

不動産の登記簿を見ると、ある建物は「構造:木造瓦葺」と記載してある一方で、別の建物は「構造:木造かわらぶき」となっています。

「瓦葺」の部分が、漢字による記載と、平仮名による記載があります。

なぜでしょうか?

この違い、間違いではありません。

不動産の登記記録の記載方法は、「不動産登記法」や「不動産登記規則」などで細かく規定されています。

そして、平成17年の法改正の際に、「瓦」や「葺」という漢字は常用漢字ではない、という理由から、登記の表記が「かわら」、「ぶき」とするように変更されたのです。

つまり、登記簿を見て「瓦葺」と記載してあれば古い建物、「かわらぶき」となっていれば比較的新しい建物、ということですね。

もちろん登記簿には新築年月日が書いてあるので、そんなところで判断する必要はまったくないのですが。

常用漢字について、「葺」はなんとなく分かる気もしますが、「瓦」が常用漢字ではないというのは意外な気がしませんか?

他にも、「取毀し(とりこわし)」という表記が「取壊し」という表記に改められました。

登記記録(登記簿)は、不動産についての概要を公示することにその意義がありますので、万人にとってわかり易いものである必要があります。

公示はされているが見ても意味がわからないものでは、役に立ちません。

時代に合わせた表記の変化というのも必要ということです。

ただ、表記の調整はできても、権利の状況や意味については、やはり専門知識がないと理解は難しいかと思います。

購入する際にリスクはないのか、購入した後もきちんと自分の名義に変更できるのか、など見極める必要があります。

実際に不動産を購入する際には、そういった権利状態についても宅地建物取引士から「重要事項説明」として詳細を聞くことになります。

重要事項説明は購入の直前に読み上げられる程度で、形式的にやる不動産業者も多いです。

ご不明な点があれば放置せず、しっかりと説明を受けるようにしましょう。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。

最新情報をチェックしよう!