注目キーワード

ディスポーザーの交換時期は?

「ディスポーザー」とは、キッチンのシンクの下に設置するタイプの生ごみ粉砕機のことです。

マンションの人気設備です。

シンクの排水口に捨てた生ごみは、ディスポーザーの内部にあるブレード(破砕刀)で細かく粉砕され、そのまま水で流す仕組みになっています。

今回は、このディスポーザーの交換時期を解説します。

こんな事例がありました。

今回は、特に固い繊維質のものや、フォークなど硬いものを誤って投入してしまったわけでもなく、急に動かなくなったということです。

「ピピピピピ」とエラー音が鳴り、取扱説明書を見ても原因がよくわからなく、メーカーにお問合せ下さいとあります。

メーカーに問合せすると、おそらく電子制御している基盤が故障したものと思われるとのこと。

基盤とモーターを変える必要があるとのことで、全部で5万円ぐらいの修理費用がかかるといわれました。

普通の人はディスポーザーの存在なんて知らないでしょう。

ディスポーザーの寿命はどのぐらい?

交換期間は通常7年から10年が目安です。

わりと長期的に持つ機械です。

ただし、メンテナンスや使用状況によって交換時期は前後してしまいますので注意しましょう。

ディスポーザーを長持ちさせるコツは?

・生ゴミを少量ずつ流し、排水口に負担をかけないように気をつける。
・生ゴミを投入したあとは、最後まで流す。
・必ず水道水を流し続け、完全に生ゴミを下水に落とす。
・メンテナンスを時々行う。

自分でできるメンテナンスとして、生ゴミが残っていないかを確認し、洗浄用の洗剤でときどき掃除するということがあります。

点検や修理が必要なときもあります。

ディスポーザーは構造が比較的簡単な作りになっているため修理や交換も分りやすくなっています。

生ゴミを砕く刃は、切れが悪くなれば部品を交換することも必要でしょう。

さらにモーターが壊れた場合にはモーターのみ新品に変更することもできます。

このように定期的に状態をチェックすることで寿命を伸ばすことも可能です。

メンテナンスを怠れば、排水口ごと、すべて取り替えるということにもなります。

(価格は、丸ごと交換すると約10万円、モーター基盤等の交換修理で約5万円)

築10年を超えているディスポーザーがついている中古物件を購入する際は、、近いうちに故障する可能性が高いので、いずれ費用が発生すると頭にいれておきましょう。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。

最新情報をチェックしよう!