注目キーワード

マンション騒音トラブルに巻き込まれたときの対策をお伝えします

マンションに住んでみたら、上階・隣室の騒音で悩まされた・・・

そんな経験をする人もいます。

それが夜中ともなると睡眠にも影響を与えてしまい、大きなストレスになるでしょう。

もしそのようなトラブルにあったときはどうすればよいのでしょうか?

分譲マンションの騒音トラブルの場合は、いきなり直接苦情を言うのはやめておきましょう。

まずは管理会社の管理人さん、もしくは、マンションの理事会に一度相談されてみることをお勧めします。

マンションだと必ずしも上下左右の住戸が発生源でないことも多いので、まずはどこから発生している音なのか、ほかにも被害にあっている人はいないかなど、確認・特定できないとトラブルが大きくなってしまうこともあります。

しかも、そこに人間関係のないところで当人同士の話し合いをすると、感情的になってしまうこともあり、余計にトラブルが悪化します。

最終的には、人と人とのことなので、一番の解決法は、事前に人間関係をよくしておくことです。

お隣さんであれば、会うたびに、「子供がいますが、うるさくないですか?」とか「音が響いたりしていませんか?」等声掛けをして、入居してなるべく早い時期に関係性を作っておいた方が、トラブルになる前にお互いに気遣いができます。

上階については、普段顔を合わせることもありませんので、入居時に挨拶行くぐらいのことしかできません。なおさら注意が必要です。

購入してからでは、どうしようもない部分がありますが、現実的に購入する前には、正直に答えてくれるかどうかは別にして、現在の売主様にヒアリングをしてみるのも方法です。

理事会の議事録等で騒音問題が議題に上がっていないか等、確認をしてみるなど最低限出来ることはありますので、念のためチェックをしておきましょう。

また、騒音トラブルに関しては、普通に生活していても被害者にも加害者にもなってしまう可能性があります。ちいさなお子様がいるご家庭でしたら、防音マットやコルクマット、防音カーペット等を敷く等少しでも対策はできます。

共同住宅ではお互いさまといえども最低限の騒音対策をされることをお勧めします。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。

最新情報をチェックしよう!