注目キーワード

マンションの引渡し当日の流れ

理想のマンションの契約がまとまり、住宅ローンの承認も出たところで、いよいよ迎えるのが、決済日(引渡し日)です。

この決済日(引渡し日)の流れを解説します。

■1.司法書士のよる登記書類の確認

まずは、決済に同席する司法書士によって、登記書類の確認が行われます。

問題なく売主様から買主様へ登記の名義変更ができるのか。

権利証は揃っているか、実印の印影に問題ないか、などが確認されます。

■2.融資(住宅ローン)の実行

登記書類が確認されると、住宅ローンの融資が実行され、買主の口座に住宅取得資金が入金されます。

■3.売買代金の支払

入金された住宅取得資金を、売主様の指定口座へ振り込みます。

「至急扱い」又は「電信」での振込みとします。

一般的な振込みにしてしまうと、処理が後回しになってしまい、場合によっては売主様の口座に入金されるのが数時間後となってしまうからです。

■4.固都税や管理費の清算

売買代金の支払と併せて、固定資産税・都市計画税や管理費・修繕積立金の清算を行います。

固定資産税や都市計画税は1月1日現在の所有者に1年分が請求されます。

そのため、年の途中で売買が行われる場合には、引渡しから年末までの分の税金額を計算し、買主様から売主様へお渡しし、1年分をまとめて納付してもらうことになります。

また、管理費・修繕積立金も、口座引落しの手続きが間に合わないなどの理由から、引渡しから翌月分までを買主様から売主様へ支払います。

売買代金以外の支払いも念頭に置いておきましょう。

■5.引渡関係書類の作成

マンションの場合には、管理組合へ提出する書類の記入・作成を行います。

「所有者変更届」を記入したり、「緊急連絡先」や「入居者届」を記入するなど、作成する書類は管理会社によって違います。

■6.鍵の引渡し

売主様への振込手続きが完了すると、鍵の引渡しです。

売主様から、売買代金の領収書と併せて、鍵を受け取ります。

マンションの場合ですと、居室、オートロック、トランクルーム、ごみ置き場など、鍵がいくつかに分かれている場合もありますので、売主様に確認しておきましょう。

集合ポストや宅配ロッカーなどの開け方などの確認も必要です。

以上が、引渡し当日の流れにです。

時間的には、長いと2~3時間かかることもあります。余裕を見ておきましょう。

月末や給料日などは、銀行が混み合い振込手続きに時間がかかる場合があります。

引渡当日には、記入する書類や渡される書類がとても多くなりますが、基本的には仲介会社、金融機関が説明します。

あらかじめ流れを把握しておくことで、当日余裕を持って対応できるようになりますよ。

不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

お問い合わせはこちら

https://ac-1.jp/contents/inq
最新情報をチェックしよう!