注目キーワード

ある日突然、災害危険区域に指定されたらどうなる?

■東日本大震災からもうすぐ10年になります

東日本大震災の津波で甚大な被害を受け、居住が制限される地域(災害危険区域)が、経済活動の拠点として生まれ変わりつつあるようです。

残念ながら、そのようなエリアは居住地から商工業地への変更を余儀なくされ、昔の面影を感じることはできなくなっていきます。

災害危険区域とは、津波や高潮、出水(洪水)などの自然災害よる危険性が高い場所に指定されるものです。

指定されると住宅(戸建・マンション)の建築は禁止されます。

大規模災害が起きた被災地に指定し、区域内の建築物を制限や禁止することで災害による被害を予防することが目的です。

https://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/shaseishin/kasenbunkakai/shouiinkai/kihonhoushin/070307/pdf/s1.pdf (国交省 災害危険区域の指定状況について)

災害危険区域は全国で約18,000箇所ほど指定されています。

しかし、都道府県のHPには記載されていないことが多く、市区町村レベルで調べる必要があります。

GoogleやYahoo!の検索で「◯◯市(町村) 災害危険区域」と検索すると必要な情報が出てきます。

■これから住宅購入をするなら災害危険区域をチェック

これから住宅購入をされる予定の地域にそのようなエリアが該当しないかを予め調べておいたほうがいいでしょう。

■ある日突然、災害危険区域に指定されたらどうする?

不動産取引(売買・交換・賃借)においては、宅地建物取引業者は、対象物件が「災害危険区域」内である旨を記載した重要事項説明書を交付し、説明をすることが義務付けられています。(宅建業法第35条第1項第14号)

調査の際は、建築基準法第39条による災害危険区域が指定されているかどうか、指定されている場合は、災害危険区域内の土地利用制限を定めている条例についても忘れず調査しなければなりません。

また、災害危険区域に指定されると不動産価値は下がる傾向があります。

一例として、福島県相馬市磯部地区の災害危険区域内は今はメガソーラーのエリアとして、かなり変わりました。

基本的には、災害危険区域内は居住用の建築物、いわゆる住宅の建築だけでなく、増築や改築などのリフォームも禁止されるため、居住用不動産の価値としてはほぼ無価値になります。

住宅購入後、ある日突然、災害危険区域に指定されたら、不動産の資産価値に影響を及ぼす可能性が高いです。

東日本大震災の津波で甚大な被害を受け、居住が制限される地域(災害危険区域)が、経済活動の拠点として生まれ変わりつつあるようです。

残念ながら、そのようなエリアは居住地から商工業地への変更を余儀なくされ、昔の面影を感じることはできなくなっていきます。

災害危険区域とは、津波や高潮、出水(洪水)などの自然災害よる危険性が高い場所に指定されるものです。

指定されると住宅(戸建・マンション)の建築は禁止されます。

大規模災害が起きた被災地に指定し、区域内の建築物を制限や禁止することで災害による被害を予防することが目的です。

https://www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/shaseishin/kasenbunkakai/shouiinkai/kihonhoushin/070307/pdf/s1.pdf (国交省 災害危険区域の指定状況について)

災害危険区域は全国で約18,000箇所ほど指定されています。

しかし、都道府県のHPには記載されていないことが多く、市区町村レベルで調べる必要があります。

GoogleやYahoo!の検索で「◯◯市(町村) 災害危険区域」と検索すると必要な情報が出てきます。

■これから住宅購入をするなら災害危険区域をチェック

これから住宅購入をされる予定の地域にそのようなエリアが該当しないかを予め調べておいたほうがいいでしょう。

■ある日突然、災害危険区域に指定されたらどうする?

不動産取引(売買・交換・賃借)においては、宅地建物取引業者は、対象物件が「災害危険区域」内である旨を記載した重要事項説明書を交付し、説明をすることが義務付けられています。(宅建業法第35条第1項第14号)

調査の際は、建築基準法第39条による災害危険区域が指定されているかどうか、指定されている場合は、災害危険区域内の土地利用制限を定めている条例についても忘れず調査しなければなりません。

また、災害危険区域に指定されると不動産価値は下がる傾向があります。

一例として、福島県相馬市磯部地区の災害危険区域内は今はメガソーラーのエリアとして、かなり変わりました。

基本的には、災害危険区域内は居住用の建築物、いわゆる住宅の建築だけでなく、増築や改築などのリフォームも禁止されるため、居住用不動産の価値としてはほぼ無価値になります。

住宅購入後、ある日突然、災害危険区域に指定されたら、不動産の資産価値に影響を及ぼす可能性が高いです。

不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。

最新情報をチェックしよう!