注目キーワード

最高峰の省エネ住宅について解説

今、望むことが出来る最高峰の省エネ住宅について解説します。

実は日本は住宅の省エネ性能が先進国でいちばん遅れているのです。

先進国で進んでいる省エネ住宅を見て、その良いところを取り入れて、家づくりをすることがとても大切。

例えば、ヨーロッパでは2000年代前半から一定の省エネ基準を義務化しています。

「ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」というトップランナー基準といわれるような基準が作られました。

しかし日本では義務化されていません。

これは創エネ機能を持つ省エネ住宅には補助金をつけることで、事業者にとっても住む人にとっても良い環境を整えようと考えられた基準です。

しかし、大事なことは、ソーラーパネルを設置して太陽光発電が出来るといった設備機能ではなく、高気密・高断熱化にある事です。

つまり、現時点における日本の最高峰の住宅は「ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)といえます。

■ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)という基準ができたことによって、住宅の寿命が延びます。

住宅の寿命は省エネ性能が高いアメリカで平均100年、イギリスで平均140年といわれますが、日本では平均30~40年と言われています。

この差をどう思いますか?

住宅メーカーが儲けるために、わざとそうしているのか? なんて考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

もちろん、日本は高温多湿な環境に家が建てられますので、雨漏りや水漏れ、結露が原因で短命になってしまうのは仕方ありません。

しかし、高気密・高断熱化されたZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応住宅では、壁の中での結露は起こり難く、住宅の長寿命化につながると言われています。

勿論、そのようなZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応住宅にするためにはコスト的に、2000万円前後の住宅を建築しようとする場合、200~250万円ぐらいのコスト高になるようです。

しかし、初期費用が多少高くついたとしても、長寿命化・快適な住宅になるという事を考えれば決して悪くない投資ではないでしょうか。。

また、ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応住宅を建築する場合、補助金の制度があります。

このような制度を使うことで、比較的、手に届きやすい住宅となります。

住宅の一生といういわゆる「ライフサイクルコスト」で考えると、初期費用が補助金を活用する事で抑えられます。

建てたあとに点検や修繕といったメンテナンスや、水道光熱費や、最後の取り壊し費用というところまで含めて考えると、ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応住宅は、むしろコストパフォーマンスが高いのではないでしょうか。

■ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)によって資産価値が高くなるのか?

ここまでZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の基準や性能の高さについて、解説しました。

このように長寿命で付加価値の高い住宅は不動産の資産価値の観点でどのような評価がされるのでしょうか?

実は残念ながら、ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応住宅だから、資産価値としても有利になるという事は現時点ではありません。

その理由としては、不動産の建物側は築年数に応じて、減価償却される考えが根付いており、その評価により判定される傾向が強いです。

しかし、先ほども記載をさせていただきましたが、住宅の一生といういわゆる「ライフサイクルコスト」で考えると、圧倒的にコストが低くなります。

これから住宅建築を考えている方は、このようなZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応住宅が選択肢のひとつになると思います。

不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。

最新情報をチェックしよう!