注目キーワード

最近の新築住宅の窓が少ないのはなぜ??

最近、新築住宅の窓が少ないまたは小さいと感じることがあります。

断熱性能を高めるための住宅が増えているためのようです。

建築基準法では、居住の目的のための居室については、

採光に関する基準(建築基準法第28条第1項)と換気に関する基準(建築基準法第28条第2項)をクリアすれば、小さな窓でもいいわけです。

■採光を必要とする居室と開口部の大きさ

一般の住宅の場合、居室とは「居間」「寝室」「台所」のことです。

居室は採光上有効な開口部を設けなければなりません。

居室の床面積 1/7が必要となります。

たとえば居室の床面積が6帖間であればその床面積は約10㎡ですので、その1/7の1.43㎡以上の面積を持つ窓が必要です。

(地下に居室を設ける場合には、開口部の前にから掘りを設ける、換気設備を設ける、湿度を調節する設備を設ける、等のいずれかを設けなければなりません。

これからの住宅は高い省エネ性能を求められるので、「窓は小さい+少ない」というスタイルになると、保温(断熱)性能がアップします。

窓が小さい理由は他にもあります。

1.プライバシー=外から見られたくない
2.断熱性能=窓はどうしても弱点となる
3.コスト=窓は壁よりも費用はかさむ
4.防犯=小さければ入れない
5.構造的な問題=工法により壁量が必要になる

上記の事を考えると窓の配置は難しくなりますが、自分たちの生活にあった住まいづくりの参考にしてください。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。

最新情報をチェックしよう!