注目キーワード

ビルトインガレージのメリット・デメリットを解説

ビルトインガレージ(ガレージハウス)とは、家と一体化しているガレージのことです。

ビルトインガレージのメリット・デメリットを解説します。

■ビルトインガレージのメリット

・車を雨や風などから守り管理することができる
・間取りの自由度が高いため趣味のものとして眺めることもできる

車の乗り降りが非常に楽になります。育児、介護の大きな助けとなる場合もあるでしょう。

●ビルトインガレージの固定資産税について

家全体の延床面積の1/5までのビルトインガレージであれば容積率に含まれないため、広さに気をつければ固定資産税の節約も可能です。

ただし、電動シャッターなどの高級な設備が付いている場合には課税対象となる場合があります。

固定資産税の対象については各行政区域によって異なるため、事前に確認するようにしましょう。

■ビルトインガレージのデメリット

・費用がかかるので、予算をよく考慮する

特に1階部分をガレージが大きく占めるため、1階につくることができる部屋は少なくなります。不便がないよう間取りを考慮する必要があります。

ガレージ部分には柱をつくることができません。上の階だけでなく家全体を支えるだけの強度を考えた設計にする必要があります。

・車の排気ガスがガレージの奥にこもる可能性があるため換気として窓や排気口などを設置する

ビルトインガレージは、音や振動が家に伝わりやすい可能性があります。

・ガレージに寝室を隣接させないようにする、防音対策も必要になる

・ガレージ内に自然光を取り入れにくいので、明るくする工夫(窓やライト)が必要

・所有する車の台数が増えても対応できない

ビルトインガレージのメリット・デメリットでした。

☆不動産のことで何かお困りのことがあれば、アーキ不動産(岡山市中区)にご相談ください。

弊社代表は一級建築士でもあり、不動産コンサルティングマスターの資格も持っています。

不動産・住宅に関するあらゆる疑問・質問にお答えします。

最新情報をチェックしよう!